トップ > 不動産クラウドファンディング用語集 > 運用期間
不動産クラウドファンディング用語集

運用期間

(うんようきかん)

不動産ファンドにおいては、投資家から調達した資金をファンドが運用する期間を指す。出資金を元に不動産の取得・開発・運用が行われ、そこから生まれる収益が分配金として投資家へリターンされる。予定よりも前に運用終了が繰り上げられることもある。 不動産ファンドには、運用期間が設定されているファンドと、設定されていない(終了期限が無い)ファンドがある。 不動産特定共同事業スキームによるファンド等は、運用期間が設定されていることがほとんどである。これらは非上場で流動性が低く、運用期間中の中途解約や譲渡に対して高いハードルが存在する場合が多い。そのため、投資家が一度出資すると最後まで持ち切りとなり、長期にわたる運用期間の設定が難しい状況にある。 運用期間が設定されていないファンドの代表例は、J-REITである。上場しているため流動性も高く、投資家の望むタイミングで投資口を売却することができる。