トップ > ファンドを探す > 神奈川県相模原市#31ファンド

神奈川県相模原市#31ファンド

運用中
募集
期間
2022/12/06 18:00 ~
2022/12/14 23:59まで
1 / 3
  • 想定利回り(年利) 6.0%
  • 運用期間 12ヶ月 2022/12/22~2023/12/21
  • 募集総額 85,500,000
  •  

所在地

神奈川県相模原市南区相模台3-16-27

相模原市南区の住宅価格推移 From LIFULL HOME’S

運用のタイプ

ハイブリッド型

投資家の皆様より集めた資金を元に、対象不動産の買入のち、想定運用期間中は賃貸に出しつつ、ファンドの終了時期とともに売却を行うことを目的としたものです。

「神奈川県相模原市#31ファンド」(以下、本ファンド)は、最寄りが小田急小田原線「小田急相模原」駅の1棟賃貸マンション(以下、本物件)を取得‧運営いたします。建物状態や室内状況が悪く、本来のポテンシャルを発揮できていない物件です。建物状態や、 室内の状況を改善しバリューアップを図るプロジェクトです。また、本ファンド事業者のグループ会社とのマスターリース契約を締結し、収益の安定化を図るとともに、その賃料収入を配当原資とするインカムゲインをベースに、市場への売却(または本事業者の固 有財産とし、もしくは他の不動産特定共同事業契約に係る財産とする行為を含む)によるキャピタルゲインも含めた構成となっております。

投資のポイント

マーケット情報

▽小田急相模原駅
「小田急相模原」駅は小田急小田原線の各駅‧準急の停車駅となります。急行停車駅ではないため不便に思われがちですが、隣駅の「JR相模大野」駅や「JR町田」駅で急行や、他の路線に乗換可能なためアクセスはスムーズです。また、準急は千代田線との直通運転を行っている為大手町等オフィス街へのアクセスも良好です。
また北口は、2007年にスーパーや総菜屋、雑貨店、ファストフード店、歯科等が入った商業施設「ラクアル‧オダサガ」の開業を皮切りに、2013年には医療施設、飲食店、ドラッグストア等が入った商業施設「ペアナード‧オダサガ」、2019年には住宅棟と商業‧公益棟の2棟構成で子育て施設や保育施設を兼ね備えた「リビオタワー小田急相模原」が開業し、暮らしに必要な利便施設が整えられ、生活機能が充実し、活気のある街へと進化してきました。
南口には住宅が並び、イトーヨーカドーや複数の商店街、名門ゴルフ場「相模カンツリークラブ」やイオンモール座間等様々な施設が立ち並んでいます。

物件周辺

本物件は「小田急相模原」駅から徒歩13分と少し距離はありますが、その分駅周辺に比べ賃料が抑えられていることから駅周辺の商業施設へお勤めの方、駅を利用して通勤されている方にも需要はあると見込まれます。また、本物件付近には、相模原病院をはじめ相武台病院‧小松会病院等の医療施設が複数ある他、相模原看護専門学校、相模原市立若草中学校もあるため学校‧病院勤務の方、看護学校生の賃貸需要も見込めるエリアと予想しています。

投資を介してSDGsへの取り組みに参加を

「ASSECLI」はこれまでに、本来のポテンシャルを発揮できていない不動産を蘇らせ、不動産価値を改善し、市場へ還元する取り組みを行って参りました。今後も現状では評価が低い不動産を「ASSECLI」によって再生し、不動産市場の活性化に寄与する取り組みを続けて参ります。
投資家の皆様は本ファンドに投資を頂く事によって、SDGsへの取り組みも行うことができます。

スキーム

匿名組合契約を投資家の皆様と締結。優先出資‧劣後出資による出資金を基に、対象物件の取得‧運営を行います。配当金の支払いや元本の償還については、ファンド運用期間中の「賃料収入」および「売却益」を原資とします。
優先劣後とは、劣後出資を事業者が出資し、売却損が発生した場合劣後出資分より損失を負担する仕組みとなります。

※出資金の入金について

当社サービスは、出資金のデポジットには対応しておりませんので予めご了承下さい。出資金は必ず、ファンドへの出資申込みが完了後、契約成立時書面をご確認のうえ、申込額を過不足なくご入金ください。なお、ファンドへのお申込み前に入金された場合には、当該入金分は振込手数料等送金に必要な手数料をお客様にご負担いただいた上で返金となります

リスク軽減スキーム

優先劣後方式(劣後比率 5.0%)説明を開く

優先劣後方式とは

優先劣後方式とは

不動産市場の変動等により期間中、または対象不動産の売却時に損失が発生した場合、事業者が出資する劣後出資持分から先に損失を負担する仕組みをいいます。損失額が劣後出資額を上回る場合に限り、優先出資持分も元本毀損します。劣後出資割合が高いファンドを選ぶことで、出資金の元本毀損リスクを軽減することができます。
詳細はこちら

運営企業

株式会社エボルゾーン

株式会社エボルゾーン

住所:東京都港区北青山三丁目2番5号NH青山ビル4階
代表者名:北野 孝
不動産特定共同事業許可番号 : 東京都知事 第115号
不動産特定共同事業の種別 : 第1号・2号事業(電子取引業務を行う)
第二種金融商品取引業及び投資助言・代理業 : 関東財務局長(金商)第3061号
不動産投資顧問業 : 国土交通大臣(一般)001212号
宅地建物取引業 : 国土交通大臣(2)第8397号
賃貸住宅管理業者 : 国土交通大臣(1)第4504号

ASSECLIを詳しく見る

ファンド詳細

準拠している法律 不動産特定共同事業法
証券の種類 匿名組合出資持分

配当シミュレーション(源泉税控除前)

投資金額 1,000,000円の場合
想定利回り(年利) 6.0%
運用期間 2022/12/22 ~ 2023/12/21 まで
利益配当 60,000円
元本償還 1,000,000円
配当および元本の合計 1,060,000円

確定申告が必要になる場合は、税理士または所轄の税務署へお問い合わせください。

  • 元本、配当金は1口当たり1円未満切り捨てとなります。
  • 記載の金額は、源泉税控除前の金額となります。実際に投資家の皆様へ支払う金額は、源泉所得税20.42%(所得税+復興特別所得税)を控除した金額となります。
  • 記載する数値に関しては現在の想定であり、数値は変更となる可能性があります。
  • 利益が生ずることが確実であることを保証するものではございません。
  • 配当金は以下の計算式により算出しています。
    投資金額x想定利回り(年利)x 運用日数(*1)/365
    (*1)運用開始日と終了日の両方を含めた日数で換算。運用期間が1年の場合は365日換算となる(閏年の場合も365日)。

配当スケジュール

募集期間 2022/12/06 18:00 ~ 2022/12/14 23:59 まで
ファンド運用期間 2022/12/22 ~ 2023/12/21 まで

ただし、不動産市況その他の社会経済的情勢を踏まえ、運用期間の終了予定日以前に対象物件の売却を完了し不動産取引を終了することが妥当と考えられる場合には、本事業者の判断で運用期間終了日を早める可能性があります。
また、運用期間内に対象不動産の売却等が完了しない場合に、本事業者は、運用期間を延長することがあります。

不動産詳細

物件情報

物件種別 共同住宅
アクセス 小田急小田原線『小田急相模原』駅徒歩13分・『相武台前』駅徒歩20分

建物情報

所在地 神奈川県相模原市南区相模台3-16-27
延床面積 482.67㎡
竣工時期 1987年4月
建物構造 鉄筋コンクリート造3階建
総戸数 全26戸

土地情報

敷地面積 312.36㎡
建蔽率 60%
容積率 200%
用途地域 市街化区域
権利 所有権

利回りが近いファンド

よく見られているファンド

平均利回りが近いサービス