トップ > おすすめコラム > イーサリアムクラシックとイーサリアムの違いとは?チャートの分析と将来性について
おすすめコラム 2022.09.13

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違いとは?チャートの分析と将来性について

LIFULL 不動産クラウドファンディング編集部です。

この記事では、仮想通貨への投資を考えている方向けに、イーサリアムクラシックとイーサリアムの違いについて解説。これまでのイーサリアムのチャートの分析と、今後の値上がりが期待できるのか判断するための将来性について紹介します。投資先を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

イーサリアムクラシックとは?

挿絵 が含まれている画像

自動的に生成された説明

イーサリアムクラシックとは何かについて解説します。

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分岐した分散型プラットフォーム

単位ETC
現在の値段¥5,269.05
時価総額¥718,825,000,430
仮想通貨時価総額ランキング19位
※2022年8月時点

イーサリアムクラシックとは、イーサリアムから分岐したスマートコントラクト(自動契約プログラム)を実装した分散型プラットフォームです。イーサリアムクラシックの通貨単位は「ETC」。2015年に誕生したイーサリアムから分岐した仮想通貨であるため、イーサリアムクラシックは信頼性が高く、流動性も高いです。

イーサリアムクラシックには発行上限があることが特徴。一般的に発行上限がある通貨は価格が下がりにくいと言われています。他の仮想通貨と比較するとイーサリアムクラシックの価格が安定しているのは、発行上限があることが理由の1つです。また、今後需要が上がれば、発行上限があることでイーサリアムクラシックの価格は上がりやすくなるでしょう。

参考:​​仮想通貨価格、チャート、時価総額 | CoinMarketCap

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違いとは

イーサリアムクラシックとイーサリアムは、根本的な運営の思想が異なります。イーサリアムクラシックは、分散化によって高いセキュリティを得る保守的なプログラムであることを貫くという、イーサリアムのリリース当初の考え方に基づいて今も運営されています。

イーサリアムクラシックは、The DAO事件がきっかけで誕生しました。The DAOとはイーサリアム上のプロジェクトの名称です。The DAOは、スマートコントラクトを活用したベンチャーキャピタルの運営を目的としたプロジェクトでした。イーサリアム(ETH)を出資し、参加者の投票によって投資先を決めて、その運用による配当が得られるという仕組みをThe DAOは取っていました。そのThe DAOの欠陥を突いたハッキング事件が、The DAO事件です。ハッキングにより、プロジェクト開始前に集められた大量のETHが盗まれてしまいました。

盗まれた資金への対応についてコミュニティで議論が行われ、ソフトフォークとハードフォークの2種類の対応が浮上。ソフトフォークはいわゆる口座凍結。ハッカーは盗んだ資金が引き出せず、被害者も盗まれた資金が戻ってこないという対応方法です。ハードフォークは、別のブロックチェーンを分岐し、ハッキングをなかったことにする対応方法。最終的にハードフォークを実施し、The DAO事件は収束に向かいました。

その際に従来のイーサリアムであるイーサリアムクラシックと、新たに生まれたイーサリアムへと分岐したのです。そのため、イーサリアムクラシックは従来のイーサリアムの思想に基づいて運営されています。

イーサリアムクラシック非中央集権の仕組みを保っている

イーサリアムクラシックは、政府のような管理者がいない権力が分散されたブロックチェーンです。ブロックチェーンのブロックサイズを小さくし、関われるノードの数を増やすことで非・中央集権の仕組みを保っています。イーサリアムクラシックのような非中央集権制の仕組みを持つブロックチェーンは、透明性が保たれることが利点と言えるでしょう。

イーサリアムクラシックは今は買えない?

イーサリアムクラシックは2020年に一時的に買えないことがありました。2020年8月に一時取引が停止したのは、51%攻撃が原因とみられる大規模な再編成(リオーグ)が継続的に発生したためです。イーサリアムクラシックは、現在は購入可能です。

イーサリアムクラシックのチャート

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明

イーサリアムクラシックのこれまでの値動きと、大きく上昇した際の背景について解説します。

2017年11月から2018年1月で4,000円を超える

2017年11月にイーサリアムクラシックは、Gotham Upagradeというアップグレードを実施。それにより、1,000円前後で推移していたイーサリアムクラシックは、2018年1月に4,000円を超えました。

2019年は500円前後で低迷

2018年1月の値上がりは一時的で、その後は500円前後まで下落。2019年は大きな値動きはなく、イーサリアムクラシックは低迷しました。これは、イーサリアムクラシックに限ったことではなく、2019年は仮想通貨全体が低迷した年という見方もあります。

2020年1月に400円台から1,300円台まで上昇

2020年1月にAgharta Upgradeと呼ばれるアップグレードを実施し、1,300円台まで高騰しました。このアップグレードはイーサリアムとの互換性を維持するためのものでした。アップグレードは、イーサリアムクラシックの価格に大きな影響を与えることがわかるでしょう。

2021年5月に過去最高値を更新

2021年5月に大手投資アプリであるRobinhoodに上場したことで、イーサリアムクラシックは過去最高の価格を更新しました。7日間で150%以上の上昇を記録しましたが、5月末には急落するという激しい値動きを見せました。

2021年7月に91%の上昇

2021年7月にイーサリアムクラシックは91%の価格の上昇を見せました。この時期の上昇の要因は、ビットコインの上昇と、チャールズ・ホスキンソン氏の役員任命と推測されます。

ビットコイン以外の仮想通貨を指すアルトコインは、ビットコインに連動する傾向があります。そして、信頼できる人物がリーダーシップを取ることはとても重要視されます。イーサリアム共同創設者でカルダノの創設者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏が役員に就任したことも好影響を与えたと考えられるでしょう。

2022年3月にビットコインの価格上昇でつられて高騰

2022年3月にビットコインの価格が急上昇し、それにつられる形でイーサリアムクラシックも高騰しました。ビットコインの相場もチェックすると、イーサリアムクラシックの値動きも判断しやすくなるでしょう。

イーサリアムクラシックの今後と将来性

夕日に映る建物

中程度の精度で自動的に生成された説明

イーサリアムクラシックの今後の値動きに影響を与える、今後の予測について以下で解説します。

仮想通貨市場の拡大による爆上げ

仮想通貨市場自体の拡大に伴い、イーサリアムクラシックも値上がりする可能性が高いです。仮想通貨市場は2025年までに5倍に成長し、3兆ドル規模の市場になるとアメリカのデジタル資産金融会社であるBakktは予測しています。将来の仮想通貨市場の拡大を見込み、長期的な値上がりを期待してイーサリアムクラシックを購入するという選択も考えられるでしょう。

参考:暗号資産市場、2025年までに5倍の3兆ドルに:米企業が予測 | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン

新しいテクノロジー

仮想通貨市場は、関連したテクノロジーがトレンドになると同時に値上がりする傾向があります。

  • DeFi(Decentralized Finance):分散型金融
  • NFT(Non-Fungible Token):非代替性トークン
  • GameFi:Game(ゲーム)とFinace(金融)をつなげた言葉
  • メタバース:インターネットを使って利用する仮想空間

最近の仮想通貨と関連したテクノロジーのトレンドとして、おもに上記があります。NFTとDeFiがトレンドになったことでイーサリアムは価格が上昇しました。イーサリアムと同様にイーサリアムクラシックもそのようなトレンドに上手く乗れれば、価格の上昇が期待できます。

コミュニティの拡大

仮想通貨の価格の上昇には、コミュニティがどのように発展し拡大するかが少なからず影響を与えます。イーサリアムクラシックのTwitterのフォローは66万人。イーサリアムの277万人と比べると、やや寂しい数字です。

しかし、イーサリアムクラシックは、仮想通貨のランキングで30位以内に入る知名度の高さがあります。今後、インフルエンサーや有名な投資家といった影響力のある人物から支持されるなどの理由で価格が上昇する可能性はあるでしょう。

IoT分野での活用

イーサリアムクラシックは、非中央集権制による透明性と信頼性の高さからIoT分野での活用が期待されています。

インターネットは、データの中央集権化の傾向が見られます。プライバシー保護や記録の正当性の確保は難しくなっており、IoTの発展に伴う安全性の確保を疑問視する声も少なくありません。

イーサリアムクラシックを支えているのは、価値記録の保護や分散管理に対する高い意識を持ったコミュニティです。そのようなイーサリアムクラシックの運用に対する姿勢がIoT分野で重要であると認識されれば、インターネットの代替となるプラットフォームとして活用される可能性が考えられるでしょう。

まとめ

イーサリアムクラシックは仮想通貨の市場の拡大や関連テクノロジーのトレンド化に伴って、長期的に見ると価格の上昇が期待できるでしょう。ただし、それはあくまでも予想です。価格が上昇したとしても、急激に下がる可能性は0ではありません。

もしも、ローリスクで高い利回りの投資を始めたいと考えているのであれば、不動産クラウドファンディングがおすすめ。1万円程度の少額から始められてプロに運用を任せられるので、手間も時間もかかりません。イーサリアムクラシックへの投資だけでなく他の投資方法も含めて投資先を検討すると、最適なポートフォリオを組める可能性が高まるでしょう。

【監修者】CFP資格保有者 宮脇英寿
中学高校の数学教師を経てファイナンシャルプランナーの道に進む。年間100世帯以上の個別相談に対応しながら、確定拠出年金や住宅ローン、ねんきん定期便の見かた等各種セミナー講師も担当。住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引士の資格も保持。

> 募集直前・募集中のファンドはこちら

LIFULL 不動産クラウドファンディング編集部
この記事を書いた人

LIFULL 不動産クラウドファンディング編集部

金融分野全般に視野が広いライターと、不動産クラウドファンディングに精通した校閲メンバーにて構成。投資家目線のわかりやすい記事を届けることをモットーに、不動産クラウドファンディングを中心とした投資お役立ち情報をお届けします。

この記事をシェアする

関連情報 TIPS

お得なメールマガジン MAIL MAGAZINE

お得なメールマガジン
  • 募集を開始したファンドのお知らせ
  • 募集終了間近のファンドのお知らせ
  • 各種イベントの優先的なご案内
  • 最新トレンド・不動産クラウドファンディングニュース

メルマガ会員登録はこちら