トップ > おすすめコラム > ソーシャルレンディング > ソーシャルレンディングのリスクとは?注意点やファンド選びのポイント
ソーシャルレンディング 2021.11.25

ソーシャルレンディングのリスクとは?注意点やファンド選びのポイント

ソーシャルレンディングは手軽な資産運用方法として注目されていますが、一定のリスクもあります。投資をするときには、リスクをあらかじめ理解し、想定しておくことが大切ですが、ソーシャルレンディングにはどのようなリスクがあるのかが気になりますね。

近年は年金の2,000万円問題や長引く低金利の影響などもあり、資産をどのように運用して増やすかということを考える人が増えています。ソーシャルレンディングも1万円程度から投資ができるため人気がありますが、貸し倒れリスクや事業者の倒産リスクなど、いくつかのリスクがありますので、しっかりと検討してから投資をするようにしましょう。

この記事では、ソーシャルレンディングのリスクや、ファンドを選ぶときの注意点や確認しておきたいポイントをくわしく解説します。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、インターネット上のプラットフォームを通じて、「自分のお金を貸して運用したい投資家」と「資金を借りたい企業」をマッチングさせる仕組みです。投資家は自分の資金を間接的に企業に融資することで運用益を得ることができますし、企業側は必要な資金を投資家から集めることができます。このように、ソーシャルレンディングは投資家・企業の双方にメリットがある、WIN-WINの関係で成り立っています。

ソーシャルレンディングでは、投資家と企業の間の橋渡しを、ソーシャルレンディング営業者が行います。まず、ソーシャルレンディング営業者がインターネット上で投資家の資金を集め、資金を必要としている企業に融資をして運用します。そして、企業は借りたお金と利息をソーシャルレンディング営業者に返済します。ソーシャルレンディング営業者は、返済されたお金の中から費用などを差し引き、残りを「分配金」として投資家に還元する仕組みです。

ソーシャルレンディングの仕組みで重要な役割を担う「ソーシャルレンディング営業者」は、投資家に対しては金融サービスを提供し、企業に対しては貸金業者としてお金を貸すという二つの面があります。そのため、金融庁の「第二種金融取引業」の登録と、都道府県もしくは財務局長への貸金業の登録が必要です。このように、定められた登録をきちんと行っている、信頼性が高い企業のみが、ソーシャルレンディング営業者として事業を行うことができます。

ソーシャルレンディングの平均的な利回りはどれくらい?

ソーシャルレンディングの利回りは1.0~10.0%で、比較的高いことが特徴です。

主なソーシャルレンディングサービスが取り扱っているファンドの利回りは以下のようになっています。

サービス利回り(年率)
クラウドバンク3.9%~6.2 %
バンカーズ1.86%~6.0%
Funds1.0%~4.2%
SAMURAI FAND4.0%~7.0%
LENDEX7.0%~10.0%

近年は銀行預金の金利が0.001%と低いため、銀行にお金を預けても増やせない状態が続いています。そのような中、利回りが高いソーシャルレンディングを活用することで、分配金を得て資産を増やすことが可能となっています。

ソーシャルレンディングの3つのリスクとは?

ソーシャルレンディングは高い利回りが期待でき、インターネットを通して簡単に投資できる資産運用方法のひとつです。しかし、投資資金を企業に間接的に貸すことになるため、いくつかのリスクもあります。ソーシャルレンディングに投資をするときには、これらのリスクもしっかりと理解しておくことが大切です。

それでは、ソーシャルレンディングの3つのリスクについて解説します。

融資先企業の延滞や貸し倒れリスク

ソーシャルレンディングでは、融資先企業の返済が遅れた場合、予定通りの分配金を受け取れないことがあります。また、融資先企業が倒産してしまった場合は、借りていたお金の返済が難しくなるため、出資金が返還されず元本割れすることもあります。

貸し倒れリスクを低く抑えるために不動産の担保を確保しているファンドもありますが、すべてのファンドで担保をとっているわけではありません。不動産などの担保がないファンドの場合は、企業の経営状態が悪化したり倒産したりしたときに、元本割れする可能性が高くなります。

ただし、不動産担保があっても損失分すべてをカバーできない場合は、やはり元本割れする可能性があります。

ソーシャルレンディングでは融資先企業の貸し倒れリスクがあること、不動産担保があるファンドのほうが貸し倒れリスクは低くなりますが、ゼロにはならないということを覚えておきましょう。

ソーシャルレンディング事業者の倒産リスク

投資家が出資するときには、まずソーシャルレンディング営業者と投資家が匿名組合契約を結びます。そして、ソーシャルレンディング営業者がいったん投資資金を預かった後に、そのお金を企業に融資する流れになります。また、企業からの返済金も、償還(満期)になるまでソーシャルレンディング事業者が管理しています。

このように、ソーシャルレンディング営業者は投資家の資金と密接にかかわっていることから、ソーシャルレンディング営業者が健全な経営状態であるかということも、とても重要な要素です。

ソーシャルレンディング営業者の経営状態が悪化したり倒産したりすると、分配金や償還金を想定通りに受け取ることが出来ないというリスクがあります。。

ソーシャルレンディングを検討するときには、ソーシャルレンディング営業者の規模や経営状態なども確認するようにしましょう。

流動性が低く現金化できないリスク

ソーシャルレンディングでは、途中解約ができないというリスクがあります。ソーシャルレンディングの運用期間は短期から長期のものまでさまざまですが、いったん投資をすると満期まで現金化できないため注意が必要です。

途中で現金化できない、解約できないというリスクに対応するためには、運用期間が短いファンドを選ぶことが効果的です。運用期間の短いものは、資金が動かせない期間も短くて済むということを意味します。そのため、運用期間が短いものは、現金化できないリスクも小さいと考えることができます。

ただ、運用期間が長期のものは、短期のものに比べてリターンが大きくなる傾向があります。現金化できないリスクを重視するのか、期待できるリターンの大きさを重視するのかをしっかりと考えて、自分に合うファンドを選ぶようにしましょう。

ソーシャルレンディングのリスクを低く抑えるには?ファンド選びの注意点とポイント

ソーシャルレンディングのリスクを低く抑えるには、いくつかのポイントをしっかりと確認しておくことが大切です。投資前にさまざまな点を確認しておくことで、投資リスクを減らすことができ、上手なファンド選びができます。

それでは、ソーシャルレンディングのファンド選びのポイントについて解説します。

平均的な利回りのファンドを選ぶ

ソーシャルレンディングは、ファンドによって利回りが高いもの、低いものがあります。利回りが高いものは投資する側にとってはメリットが大きいものの、資金を借りる企業側にとっては「返済の負担が大きくなる」ということを意味します。そのため、利回りが高いものは企業の返済が滞ったり、貸し倒れになる可能性が高くなるため注意が必要です。

このように、他のファンドに比べて利回りが高すぎるものは、返済がスムーズに行われない可能性が高いといえます。投資リスクを低く抑えたい場合は、平均的な利回りのファンドを選ぶようにしましょう。

倒産リスクが少ない融資先を選ぶ

ソーシャルレンディングでは、融資先企業が倒産すると、投資家が貸したお金を返済してもらうことができず、貸し倒れとなります。貸し倒れになると投資資金が元本割れする可能性が高くなるため、倒産リスクが低い融資先を選ぶことが大切です。

融資先の企業情報は、以前は投資家に対してほとんど公開されてきませんでした。しかし、投資先企業の情報が不明のまま投資をすると、投資家のリスクが高まるということで、2019年に金融庁が「融資先企業の情報を開示するように」という通達を出しました。その後は情報を公開するソーシャルレンディングサービスが増え、現在は融資先の企業情報を確認しやすくなっています。

投資をする際には、投資先企業をしっかりと調べて、倒産リスクが少ない企業を選びましょう。

不動産担保がついているものを選ぶ

ソーシャルレンディングのファンドによっては、不動産担保がついているものがあります。不動産担保がついていると、利息の返済が遅れたり、貸し倒れが起きたりしたときに担保不動産を売却して損失を補充できるため、投資家の資金が元本割れする可能性が低くなります。

ただし、損失額が大きいと、不動産を売却してもすべての損失を補填できず、元本割れしてしまうこともあるため注意しましょう。

運用期間が短いものを選ぶ

ソーシャルレンディングの運用期間は数か月から数年のものまでありますが、いったん投資すると満期まで解約できません。このように、ソーシャルレンディングには「現金化できないリスク」があり、それに備えるためには、運用期間が短いものを選ぶ必要があります。

また、ファンドを選ぶときには、融資先企業の経営状態は良いか、貸し倒れはなさそうかという点を慎重に考えることが大切ですが、運用期間が長いとその見通しを立てるのが難しくなります。

現在の企業の経営状況から数か月後の将来を予想することは比較的簡単でも、3年後の予想は難易度が上がります。

リスクを抑えたい場合は、半年程度の運用期間のものを乗り換えながら運用をするとよいでしょう。

償還実績が高いソーシャルレンディングサービスを選ぶ

ソーシャルレンディングに投資するときには、償還実績が高いサービスのファンドを選ぶことも大切です。

ソーシャルレンディング営業者がファンドを組成するときには、融資先の企業を独自に審査しています。返済能力や経営状態、負債額など様々な点を確認し、「投資家の資金を融資しても大丈夫」とソーシャルレンディング営業者が判断した場合、ファンドが組成されます。

償還実績が高いということは、ソーシャルレンディング営業者の審査能力が高いことを意味します。そのため、取り扱っている他のファンドもきちんと償還される可能性が高いと判断できます。

また、近年は融資先企業の情報を公開するソーシャルレンディングサービスも増えていますが、非公開のファンドも多くあります。このような場合は、自分自身で融資先企業について判断ができないため、ソーシャルレンディング営業者の審査力が頼りになります。

このような場合も、償還実績が高く元本割れファンドがないサービスであれば、今後も元本割れがなくしっかりと償還されると予想できます。

今までの償還実績は投資する際の大きな目安になります。ソーシャルレンディングを選ぶときには、償還実績が高いサービス(元本割れしたファンドが少ないサービス)を選ぶようにしましょう。

信頼性が高いソーシャルレンディング営業者を選ぶ

ソーシャルレンディングを選ぶときには、ソーシャルレンディング営業者そのものの信頼性も重要です。

ソーシャルレンディング営業者は、最初に投資家の出資金を預かったり、企業から返済されたお金を償還まで管理したりします。そのため、万が一ソーシャルレンディング営業者が倒産した場合は、投資家への資金の返還が滞る可能性があります。

ソーシャルレンディング営業者は、金融庁に登録をしているため、ある程度しっかりした基盤を持っていると判断できますが、資本金や業績なども確認して、健全性が高いソーシャルレンディング営業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

ソーシャルレンディングは注目されている資産運用方法のひとつですが、一定のリスクもあります。ファンドへの投資を検討するときには、リスクについてしっかりと理解しておくことが大切です。特に、融資先企業が倒産すると投資資金が元本割れする可能性があるため、経営状態や業務内容などをしっかりと確認してから投資をするようにしましょう。

この記事を書いた人

LIFULL不動産クラウドファンディング編集部

金融分野全般に視野が広いライターと、不動産クラウドファンディングに精通した校閲メンバーにて構成。投資家目線のわかりやすい記事を届けることをモットーに、不動産クラウドファンディングを中心とした投資お役立ち情報をお届けします。

この記事をシェアする

関連情報 TIPS

おすすめコラム一覧へ

お得なメールマガジン MAIL MAGAZINE

お得なメールマガジン
  • 募集を開始したファンドのお知らせ
  • 募集終了間近のファンドのお知らせ
  • 各種イベントの優先的なご案内
  • 最新トレンド・不動産クラウドファンディングニュース

メルマガ会員登録はこちら